看護師 勤務時間

看護師の勤務時間

看護師の勤務は夜勤があるかないかで大きく変わってきます。
夜勤がない場合は通常、午前8時から午後5時ごろまでの勤務となります。
病院の外来勤務の場合は日勤だけの勤務シフトもありますが、病棟勤務となると必ず交代勤務をすることになります。
この交代勤務には日勤と夜勤の2交代制と、日勤と準夜勤、深夜勤のある3交代制があります。

 

3交代制の場合、各シフトの勤務時間は1日24時間を3等分するシステムでそれぞれ8時間勤務となるのが標準です。
ただし実際の勤務では、日勤が朝8:30〜17:00、準夜勤が16:30〜1:00、深夜勤が0:30〜9:00というように各30分ほど重複して各シフトの申し送りなどの引継ぎなどを行うことが多いようです。

 

2交代制の場合この申し送りは朝と夜の1日2回で済みますが、3交代制だと朝と夕方、深夜と1日3回申し送りが必要となります。
2交代制の場合は1シフトあたり勤務時間が12〜16時間と非常に長く、この拘束時間の長さが嫌だという看護師もいれば、逆に拘束時間は長いけれど夜勤明けの休息時間がかなり長く取れるので疲労回復しやすいという看護師もいます。
3交代制の場合は各シフトの勤務時間が8時間程度で、拘束時間が短いので2交代制と比べて負担が少ないと感じている看護師もいますが、その反面シフトが小刻みでなかなか疲労回復することができないという意見もあります。
また深夜のシフト交換がある3交代制は、タクシーを利用して通勤・帰宅することもあるので交通費が余分にかかるケースもあるようです。
どちらにもメリット・デメリットがあるので、転職の際はそうしたところもチェックしておきたいですね。