看護師 パート バイト 短期 メリット デメリット

メリットとデメリット

パートやバイトとして勤務していると、常勤(正社員)勤務に比べて良いところも良くないところもあります。

 

メリットは、何よりも時間が好きに使えるところです。
バイトであれば自分が入れる時間でシフト申請をするため、常勤のように連日長い時間拘束されません。
休日も常勤よりも取りやすい傾向にあるので、小さなお子さんのいる看護師さんや、自宅でご両親の介護をしている看護師さんにはうってつけですね。

 

これに対するデメリットは、そのぶん給与は安いところです。
時給換算なので一日働く常勤の看護師さんにと比べると同年代同キャリアだとしても差が出ます。
ただし、単純にパートやバイトとしては、レジ打ちや品出しを行うようなバイトと比べて時給は桁違いに良いです。

 

またメリットに戻りますが、時間に縛られないため残業や講習もないのが一般的です。
非常勤ですから、病院絡みの業務が回ってくることはあまりないようですね。

 

これに対するデメリットは、福利厚生が弱いところです。
ボーナスや退職金も支給されないところがほとんどで、年金や保険など会社側で済ませられることも自分で行わなくてはいけません。

 

 

極端な表現をすると、時間をとるか安定をとるかといったところでしょうか。
先ほども上げたように、子育てや両親の介護で仕事以外にも時間を多く割く必要があれば非常勤のパートやバイトはあっているでしょう。
やはり常勤ですと、頻繁に仕事に穴をあけるわけにはいきませんからね。

 

また、短期で期間が決まっていたり、イベントナースとして毎回違う環境で働けばより多くの経験を積むことができます。
自分にあった看護師としての働き方を探すために、まずはバイトやパートから始めるというのも良いでしょう。