内科 看護師 仕事内容

内科で働く看護師の仕事内容

内科で働く看護師の仕事内容は生活習慣を指導して改善したり、薬による治療を行う診療科目になります。
内科と言っても、一般だけではなく、消化器科、神経内科など診療科目もさまざまになります。
診療科目により検査内容や治療も異なりますので、仕事内容にも違いがあるでしょう。
内科で働く看護師の仕事内容は注射、点滴、検温、尿検査、血圧測定、医師のサポートになります。
患者さん一人一人をよく観察して、個人に合わせた対応ができないといけません。
内科で働く看護師は、患者さんと医師を繋ぐ大事な役割を担います。
これはどの診療科目であっても同じことが言えます。
内科はクリニックや個人病院、総合病院など小さい規模から大きなところまであります。
自分に合う働き場所を見つけることが大事かもしれません。
さまざまな経験を積むのなら、総合病院など大きなところで働くことは良いと思います。
内科は外来などは時期により混雑することもあるでしょう。
スムーズに迅速に医師の診察を受けられるように、臨機応変に対応する能力が求められます。
中には感染の恐れがある症状の方もいるからです。